12月26日(木)「締め括り!メタボ&ロコモセミナーin池袋」

記事投稿日:2013年11月30日

「2013年締め括り!今注目のメタボ&ロコモ」を一度に学べますよ!
以前から要望が非常に多かった「メタボ&ロコモセミナー」です。
これは、最強レベルの問題解決セミナーではないでしょうか?
今後も強化対象にしていきます。※1月13日(成人の日)にも、第二弾を開催します。近日中に詳細発表致します。

2013年12月26日(木) 会場:池袋駅徒歩5分
①18:30~19:40「メタボリック症候群と腸内環境について」
中村裕恵(日本内科学会認定内科専門医、日本消化器病学会認定専門医)
受講料3150円(税込)
内容:創造が得意な人間は、「飢餓の恐怖」を克服するために技術を発達させ、便利な社会を作り出し、飢えに対する不安を多少なりとも克服してきました。その反面、便利さゆえに起こってきたのが「メタボリック症候群」。
1950年代より、医学界で生活習慣病(高血圧・糖代謝異常・脂質代謝異常)と肥満が絡み合うことによる「死の四重奏」が提唱されています。時を同じくして、産業界で警鐘されてきたのが「環境汚染」。防腐剤・旨味物質などを作り出し、安全で美味しい食品を届けられるはずの社会が、地球環境を汚染する事態を生み出し、身体の要とも呼ばれている腸内環境も汚染しています。今回、「メタボと腸」の切り口でメディカルとフィットネスの融合への提案をしてみたいと思います。

②19:50~20:50「ロコモティブシンドロームのお客様への伝え方」
大久保進哉(フィットネスプロダクト代表 5校の体育系専門学校講師)
受講料3150円(税込)
内容:予備軍を含めると4000万人と言われる「ロコモティブシンドローム」ロコモとは移動を意味します。簡単に言えば「下半身の筋力や機能低下により、移動が困難になるコト」です。
メタボと異なり、ロコモは手軽な運動では根本カイゼンに至らないコトが多いようです。
理由は、メタボは運動時間=消費カロリーがポイントなのに対し、ロコモは運動の質=白身筋(速筋線維)の動員がポイントになるからです。ここがくせ者ですね(笑)
また、どの部位の筋力強化を行うか?どのような運動で対応するか?も重要です。その辺りを「難しいことを簡単に」解説させて頂きます。お客様へ伝える!をポイントに紐解きます。

■割引パック
①②の両方を受講される場合、5250円(税込)になります。

■会場地図
林投資研究所セミナールーム 池袋駅徒歩5分!交通至便!
http://www.h-iro.co.jp/about/access.php

■終了後、懇親会を行います。4000円です。前向きなお話をしましょう!
可否をご記入ください。

■お申込み

 

お申し込みフォーム

お名前 (必須)
ご住所 (必須)
お電話番号(必須)
ご職業(必須)
受講セミナー名(必須)
セミナー開催日(必須)
終了後の懇親会の可否(必須)
例.参加希望
メールアドレス (必須)
メッセージ・ご要望や
ご質問があれば
お願いします。

     再度内容をご確認の上、送信お願い致します。

※送信出来ない場合は、お手数ですがshinya-o@sky.sannet.ne.jpへメール送信願います。

 

 

パーソナルトレーナー 大久保 進哉